2015年04月07日

古い教科書の中に隠れて思い出がいっぱい

今日の新聞に、教科書改訂について書いてありましたね。

領土問題への言及がどうとか…

教科書の内容がどんどん変わっていきます。

わたしが子どもだった頃鎌倉幕府が成立したのは1192年だったのに、今や1185年になってますしね。

個人的には、邪馬台国がどこにあったのかそろそろハッキリしてほしい(※1)と切に願っております。

あ、それと、古代ローマ帝国が滅んだ理由(※2)も気になるし、海の民の正体(※3)も知りたい…

やっぱり、歴史の教科書にはこれからもどんどん変わっていってもらわないと困りますね!

 

※1邪馬台国がどこにあったか…昔から北九州説と畿内説がバチバチと火花を散らしていましたが、近年はほぼほぼ畿内説で確定の模様。なのに、魏志倭人伝の記述が九州っぽかったり、特産品や出土品が一致しなかったりと、まだはっきりとは言い切れないらしい。

※2古代ローマが滅んだ理由…ゲルマン人が仕事を奪っていった、財政破たん等々、じわじわ弱っていった系が有力。あと、西ローマ帝国の滅亡(467年)を古代ローマの滅亡とするのか、それとも東ローマ帝国(1453年)の滅亡を古代ローマの滅亡とするのか、なんかはっきりしない。

※3海の民の正体…紀元前12世紀ころ東地中海でブイブイいわせてた諸民族のこと。ミケーネ文明の崩壊、ヒッタイトの滅亡、エジプト新王国の衰退など、ひたすら東地中海を引っ掻き回したのですが、とにかくメンバーの出自がはっきりしません。

posted by スタッフ at 22:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ゲルマン人ってフン人かなんかから逃げたんじゃなかったっけー?
それなのにローマ滅ぼしたんですか?
Posted by 喜多湧也 at 2015年05月09日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/117274445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック