2018年01月25日

問題文読んでないやつ多過ぎ問題

「問題文を読めていない」と注意することが最近多いです。

「読めてない」事例は多岐にわたります。

@指示に従えてない系。

・「書き抜き」と言われているのに書き抜けてない。

・「記号で答えろ」と言われているのに言葉で答えてる。

A見落としている系。

・小学生のわり算の筆算の問題で多発。「せんせー、これどこまで割ればいいの?」って聞いてくるヤツはたいてい「答えは一の位までで余りを出してね」「割り切れるまでやってね」「割り切れないときは1/10の位までの四捨五入にしてね」等の指示を見落としている。

・「線を引いてください」「図の続きを書いてください」という書き込みの指示を見落とす。このパターンは答え合わせの時にもまだ見落としていると気づいていないことが多い。

B見間違い系。

・英語の並び替え問題でつづりを間違える。

・特に小学生の国語で多発している誤字脱字珍解答。「メロンパーク」「メロンパック」「メロンーパク」は序の口。「なかなか」→「なかなが」と変な濁点が増えたり「おばあさん」→「おばさん」と似た音の言葉に置き換わったりする。

C勘違い系。

・「姉」という漢字を「柿」と勘違い、さらに「柿〇種」のせいで「姉=たね」という読み方に脳内で変換、「たねのかばんは大きい」等意味不明な文章の読み方をしてしまう。

・「a」と「e」を書き間違う。テストだけでなく、ノートに書き写す時や普通の問題を解いている時でも「a」が「e」になってしまう。同じ字に見えるらしい。

・「音楽をきく」→「音楽を耳く」、「はしっている」→「歩っている」等、意味の似ている漢字になってしまう。

・字が汚過ぎて「8」と「5」、「9」と「4」が同じ字みたいになってる。そのうえ自分で自分の字を読み間違えて「19+6=25」のところを「14+6=20」だと思ってしまい「19+6=20」という不幸な偶然が重なる。

A見落としている系は指摘すると「ああそうか…」と割とすんなり納得してくれます。

逆にC勘違い系は指摘しても「え、そんなことない!」と根拠のない自信みたいなものが強いです。

どっからくるんだその自信は…

みなさんは@〜Cどのパターンに当てはまりましたか?

問題文は落ち着いて読みましょうね。

 

1月27日(土)13:00から中3の入試直前対策スタートです!

筆記用具・定規・コンパス・やる気を持ってきてください。

せんせーも採点バリバリ頑張るぞ〜!

 

同じく1月27日(土)13:30から漢字検定、14:30から算数検定&数学検定を実施します。

大丈夫だよね、「そんなん聞いてない」とか「お知らせもらってない」とか言うヤツもういないよね。

みんないつもせんせーの予想の斜め下をいくんだから…★

漢字検定・算数検定&数学検定は、協会の規定により前倒し受験や後日受験は一切できませんので注意してください。

posted by スタッフ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182236930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック